帝国ホテルでバトラーアフタヌーンティー*2021年9月

なんとなんとなんと!!激戦で予約困難な、帝国ホテルのバトラーアフタヌーンティーを体験してきちゃいました!もう、予約が取れた瞬間から大興奮。今回はかなりのボリュームになるのを覚悟してください。

去年も予約が取れず枕を涙で濡らした帝国ホテルの執事付きアフタヌーンティープラン。今年はさらにパワーアップしてるんです!これはもう大変ですよ。お嬢様方、おぼっちゃま方、ときめく準備はいいですか?!❤️

>>インペリアルラウンジアクアをOzmallで予約

バトラーアフタヌーンティーとは?

2021年9月1日(水)~10月31日(日)の期間中、帝国ホテルでは英国フェアが開催されています。

駐日英国大使館が後援で、蓼科高原バラクライングリッシュガーデン、穐葉アンティークジュウリー美術館、ウェッジウッドが協力しているそうです。豪華!!ホテルショップのガルガンチュアやインペリアルラウンジAQUAで、英国をテーマにしたスイーツやアフタヌーンティーが提供されています。その中でも特にスペシャルなのが、今回体験してきた【ヴィクトリア朝アンティークで楽しむアフタヌーンティーwithバトラー】❤バトラーにいざなわれながら、こだわり抜かれてセレクトされたヴィクトリア時代の食器で本格的なアフタヌーンティーを楽しめます!

テーブルセッティング

予約者名を伝えて通されたのは、17階のインペリアルラウンジAQUAの1番奥。バーもついている大人な空間です。なんとここが今日は私たちだけの貸切!!1日2~4名の1組限定だそうです。

お席は、そのお部屋の中でもさらに1番奥。かーなーりー眺めのいい一画でございます。特別すぎる空間。テーブルセッティングというか、空間セッティングがやばい。(やばい)

テーブルの上はというとこんな感じ。はいもう嗚咽。わかります。どうぞ思う存分にむせび泣いて!!

日比谷の一等地からの眺めを楽しみながら、本物のアンティーク食器で頂くアフタヌーンティー。もう、すみません、震えが止まりません。本当にここに座ってていいんですか?

>>インペリアルラウンジアクアをOzmallで予約

ヴィクトリア朝アンティークで楽しむアフタヌーンティー with バトラー 【 英国フェア 】

今回のテーマは「ヴィクトリア朝アンティーク」。メニューも、当時の英国らしさをかなり意識して構成されています。

今回は、3段重ねでドドンと出てくるアフタヌーンティーではなく、コース料理さながら順番に提供されます。

そもそも、3段重ねのスタンドは省スペース化が元々の目的なんですよ。縦に積めばたくさん置けますからね。でも本物の貴族がいらっしゃる空間は十分な広さがあるじゃないですか。順番にサーブしてくれる人もいるじゃないですか。つまり全部を積み上げる必要がないわけです。

今日は私たちは本物の英国貴族なのです!!!

PLATE

というわけで、最初に提供されるティーフーズがこちら。・・・っもう、わかります?そうですよね。まず食器に目が行きますよね。わかりますわかります!!ティーカップと同じセット(号泣)英国リッジウェイ製のアンティークだそうです。

シュークリーム、レモンケーキ、ベリーのタルト
サンドイッチ3種(スコティッシュスモークサーモン、ローストビーフ、キュウリ)
英国風スパイス&フルーツケーキ

右奥から順番にいきますね。

ローストビーフのサンドイッチ、お肉感がしっかりで柔らかい!ちょっと甘酸っぱいのもいいアクセント。ホースラディッシュもほどよく効いております。英国貴族といえば!のきゅうりサンド。しゃっきしゃきでバランスがいい!!やっぱり、こだわりの一品だそうです。サーモンのサンドイッチは、塩味がちょうどよく、とろけるのにしっかり食感でおいしいい。

そして左奥から。

レモンケーキは爽やかで、甘さもちょうどよく。何個でも食べられそう!ベリータルト、これがまたおいしかった。。タルトはさくさくでベリーの味も濃く、紅茶とよく合うー❤️シュークリームは、しっかりめの皮にクリームがたーっぷり。甘くてとろけます。

英国風スパイス&フルーツケーキ

素敵なスタンドに乗ってきたこの子達。このスタンドも銀です。アンティークです。ぎゃん。

そして取り分けるようのガラスプレートもアンティークです。もうどうなってるのこの美しさ。。

ヴィクトリアンケーキって、今ではスポンジの中にクリームやフルーツが挟まれているイメージが強いですが、当時はこんな感じだったんですって!砂糖も高価だったので、日持ちさせるためにドライフルーツなどを入れ、こういったスタイルで作られていたそうです。

お酒にしっとり浸かったフルーツの香りが強くて、しっとりしみしみ深い味わいに浸かっていくようです。これまた紅茶がよく合う・・!(嗚咽)

STAND1

高貴な雰囲気に酔いしれながら談笑していたらスタンドがやってまいりました!今日は会えないのかと思ってた3段重ね!やっぱり好きだよ!会いたかったよ!!

ベリーの盛り合わせ
スコーン(プレーン、アールグレイ)

登場したのはスコーンとベリーの盛り合わせ。え、ちょっと待って贅沢すぎませんか・・いちごたちが綺麗すぎるんですけども。

ラズベリーが甘くてびっっくり!なんだろ、あの、ゴールデンキウイを食べた時の感覚とちょっと似てます。逆に甘いかなと思ったグロゼイユが酸っぱくて振り回されちゃう///

執事に、クリームが先ですか?ジャムが先ですか??と聞いたら、困った顔をしながら一生懸命に最適解を模索してくださいました。ありがとうございます。その困った感じが欲しかったんです。ご馳走様です。私と同じクリーム先派でした✨

帝国ホテルのスコーンは、普段は英国大使館から授かったレシピで作るそうなのですが、今回は協力されている蓼科高原バラクライングリッシュガーデンのレシピを採用しているそうです。すでに帝国ホテルのアフタヌーンティーを楽しんでいる方も、また違った味わいを楽しめるわけですね✨

運ばれてきた時点でとってもいい香り。あったかくてふわっふわ。クリームはしっかりたっぷりつけても、いくらでも食べられそうなクセのないおいしさ。プレーンにはジャムもたっぷり。アールグレイはクリームだけで頂きました。

お腹いっぱいだから、持って帰っていいですか?と伺ったところ、なんとお土産用のスコーンも用意してくださいました。え、うそ、そんなつもりじゃ、いいんですかぁぁああああ??!(うれしくてうれしくて震える)

>>インペリアルラウンジアクアをOzmallで予約

STAND2

次に登場したのは、素敵な2段重ねのスタンド。なんと乗っているのは、ぶどうとクルミ?!!

ぶどう、クルミ

こちらも、もちろん当時英国貴族が楽しんでいたメニューを再現したものでございます。なにが楽しいって、わざわざソレ用の道具をアンティークで用意してくださっているところ。もういい加減にして!!(怒り出した)

 

クルミ

くるみを挟んで圧を加えると、くるみの線に沿ってパキパキっと割れていきます。自分で割るっていうのも面白い!体験型アフタヌーンティー(じゅるり)無理に力を加えると粉々になってしまうので、ゆっくりと圧を加えて行きます。

塩味すら加えられていないので、クルミの味そのものを楽しめます。サクサク!リスになった気分❤️

 

ぶどう

ぶどうにもお道具があるんですよ!一見ハサミみたいなんですけど、チョキチョキ切るためではなく、ぶどうを挟んでつるんと房から取るためにあります。・・うん?うん。いるかな?うん。このわざわざ感が楽しい!!笑 貴族は手でむしり取ったりしないんざます!

皮まで食べられるジューシーなぶどう。すごくおいしかったです。

 

ショートケーキ

わがまま放題な私たちを、これでもかと甘やかしてくださった執事様!結局、生クリームのケーキと紅茶って最強の組み合わせ❤️幸せに包まれて締めくくりました。

※ショートケーキは通常提供されていないメニューです。

 

紅茶、ティーセット

そんな素敵なティーフーズや趣向を凝らした体験たち。もちろんそばにいてくれるのは優雅なカップに注がれた紅茶たちです。

 

紅茶

紅茶は飲み放題ドン!!ではなく、ティーフーズの進みと共に順番に提供されます。帝国ホテルがこれぞと思うペアリングを楽しめるわけですね。それもまた贅沢な一興。

イングリッシュ ブレックファスト
アールグレイ オレンジ
クオリティーウバ
正山小種(ラプサンスーチョン)
ホワイトアプリコット

実際は、途中途中で他のお茶も提供してくださいました。サプライズ特別感にときめく!!

 

イングリッシュブレックファスト

まずは安定したイングリッシュブレックファースト。こちらはウェッジウッドだそうです。はじめのプレートと一緒に提供されたので、お食事ともスイーツとも合うこの子、間違いないですね。

アールグレイ オレンジ

次はカメリアズのアールグレイ。もう、カメリアズが提供される時点でわかりますよね?!お茶のレベルの高さ!!爽やかで軽い口当たり。

 

クオリティーウバ

こちらはウェッジウッドのクオリティウバ。茶葉もかわいすぎる!!キリッとして渋みもあって、それでいて飲みやすい。

ウバにもミルク入れちゃう派です❤️このときはスコーン食べてたのかな?濃い水色にミルクがほどけていく光景だけで1週間は機嫌良く過ごせそう。ミルクでまろやかになって、お茶の表情が一変しました。

シャルドネ

口直しに出てきたのがノンアルコールのシャルドネ。かなり強炭酸でキリッと辛口!さっぱりします。なんでも、ノンアルコールでオーガニックなので、アルコールがダメな方はもちろん、ヴィーガンの方や宗教上の理由で飲めるものが限られている方にも出しやすく、アカデミー賞やノーベル賞などのお祝いの席でも揃えられている品種だそうです。

ちなみにこちらのグラスもアンティーク。もう贅沢すぎて逆にわからない!!!笑

 

ラプサンスーチョン

けむたーいラプサンスーチョン!運ばれてきた瞬間、しっかりとした煙たさ✨漢方感が強いラプサンでした。私は、ラプサンスーチョンもたっぷりミルクを入れるのが好きです。もっと濃く淹れて頂いてもよかったかも。

スージングローズ

サプライズで登場したスージングローズ。まず名前が美し過ぎる。こちらもカメリアズ様です。ローズ、ジンジャー、リコリスのブレンドで、ジンジャーの刺激とリコリスの後味がやわらかく広がりあたたまる一杯でした。

 

ホワイトアプリコット

あまーいアプリコットの香りがたまらない。白茶がすっきりと華やかに広がります。水色がきれいで、カップの金彩がキラッキラしてました。

 

ほうじ茶

またまた口直しにスッキリする一杯が登場です。アイスのほうじ茶!最近ほうじ茶とご縁があるなー❤️最初はかなりスッキリな味わいで、後味は濃いめのほうじ茶がこっくりと香ばしい。不思議なアイスティーでした。とってもおいしい!

 

アッサムバーギャン

最後の最後、ケーキと合わせて頂いたのはアッサムでした。ボディ強めのミルクティ大好きやったー!!!THE幸せティータイム。至福のひとときでした。

>>インペリアルラウンジアクアをOzmallで予約

ティーセット、カトラリー、食器

今回のヴィクトリア朝アンティークアフタヌーンティーの醍醐味は、食器類が全て本物のアンティークなこと。カップもグラスもシルバーも、ぴっかぴかに磨き上げられてスタンバイしてくれていました。

ティーカップとコーヒーカップのスリーピースもまた美しい。一つのソーサーでカップを変えていくそうです。こうやって重ねられてるのは初めて見た!どちらのシェイプもかわいい❤️

窓辺には観賞用の銀製のポットが。つまみ部分は象牙でできているそうです。お値段なんて怖くて聞けないくらい。

彫刻が細かくて美しくて。いつまでも見惚れていられます。

この中だったらどれが欲しい?って友達に聞かれて、悩んだ挙句トレーを選びました。みんなはどれが一番ほしい??妄想楽しい❤️

カトラリーももちろんアンティークの銀食器!持ち手は大きな貝から切り出されたもの。どこまで贅沢すれば気が済むの?ねぇ??(美しい)

カップもアンティークで、アンティークって本当に奥が深すぎて。私はアンティーク沼には入らないって決めてるんですけど。とりあえずバックスタンプだけは収めてきました。ね?沼すぎるでしょう??

シルバーにも全部しっかりホールマークが刻印されていて。見る人が見たら意味がわかるんだろうな。と思いながら眺めました。

しかし、アンティークを所持されている方はいらっしゃっても、観賞用なことも多くてこうやって提供される機会なんてめったにないですよね・・!改めて震える。

内装、インテリア

そんなヴィクトリア朝アンティークアフタヌーンティー、お部屋は17階のインペリアルラウンジAQUAの1番奥でございます。なんと、この時間は私たちの貸切!本当に贅沢すぎる。なにもここまで贅沢じゃなくても・・ってくらい贅沢な時間。

というのも、きっとこのご時世の影響もあるんでしょうね。普段はバーとして営業されていて、ワインやカクテル、さまざまなお酒が提供されているそうです。

バトラーを務めてくださった方も、実はソムリエの資格も持っていらっしゃるんだとか!早く、またその知識と腕をふるって素敵な時間を過ごせるようになるといいですね。かっこいい大人の空間でした。

建具や調度品、その空気感をぜひご堪能くださいませ。うまく表現できてるといいんだけどな。涙

ロマンの塊。暖炉からのマントルピースからの大きな鏡。そしてそれを囲むモールディング。好き。

惚れ惚れうっとりな内装でした。濃い茶色でモールディングがでこぼこしてて、豪華なのに落ち着いた空間、好きだなぁ。

そうそう、テーブルランプがかっこよすぎたの!こういうシックで落ち着いたライト欲しいなぁ。夜はこれだけ灯して物思いに耽るの。くぅーっ!(何)

アフタヌーンティーを頂いた席の窓際には女性らしいオブジェたち。鏡の周りの装飾もすんごくないですか?よく見るとすごく繊細なの。小瓶も、見てるだけで魔法にかかっちゃいそうな美しさだった!!

>>インペリアルラウンジアクアをOzmallで予約

あとがき

帝国ホテルで楽しむ【ヴィクトリア朝アンティークのアフタヌーンティーwithバトラー】、いかがでしたか?素敵すぎたでしょ。そうなのよ。最高だったのよ。もうね、何をどう撮っても画面が煌めいてしまう。

国会議事堂とか、三菱一号館とか、日比谷公園の自然とか、いろいろと見渡せる景色も最高でした。ずーっと遠くまで見晴らしがよくて、なんだか整っちゃったな。晴れてる気持ちのいい日でよかった❤️

今回バトラーを務めてくださったのは高津さんという紳士です。丁寧なサーブはもちろん、アフタヌーンティーや紅茶、アンティークについてもいろんなお話をしてくださったり。わがままを聞いてくださったり!とても楽しいひとときを演出して頂きました。

高津さん、ありがとうございます!お世話になりました。またお酒が提供できるようになったら、伺わせてください✨

ロビーもちょっとだけ堪能して、余韻に浸りながら帰路につきました。えぇ、帰りたくないってぐずってたのは私たちです。

ロビーに展示されていたアンティークもぱちり。心が満たされてしまったなー。またひとつ人生に厚みが出てしまったなー!!(体の厚みは夕飯で調整しよう)10月には、さらに銀食器によるテーブルコーディネートが展示されるそうなので、ぜひまた伺いたいです。

今回体験したバトラーアフタヌーンティーは、予約困難で超激戦のプランなんですけども。予約開始と共に、2人で合計200回以上電話かけたかな。たまたま繋がって、たまたま日にちが合って、まさに奇跡の巡り合わせでした。本当にありがとうございます。

通常のアフタヌーンティーに比べてかなりお値段も張りますし、気軽にとはいかないプランですけど、来年もぜひ体験したいな、そうできるようにがんばろって思える1日でした。

今回のプランも最高なんですけど、今開催されている通常プラン【イングリッシュガーデンアフタヌーンティー】もめちゃめちゃかわいいんですよーっ

またすぐに来ちゃいそうだな、帝国ホテル❤️

スペシャルなひとときをありがとうございました。

店舗、アフタヌーンティー

帝国ホテル
インペリアルラウンジアクア

ヴィクトリア朝アンティークで楽しむアフタヌーンティー with バトラー 〔 英国フェア 〕
9月6日(月)~10月27日(水)の毎週月・火・水曜日 ※9月20日・22日は除く
13:00~16:00 (ラストオーダー)
1名様 25,000円
【 各日1組2~4名様限定・要予約 】

 

多くの貴重なアンティークを有する穐葉アンティークジュウリー美術館のコレクションからセレクトされた、ヴィクトリア時代の銀器や茶器、真珠の母貝を柄に設えたカトラリーの上質感は、手に取るとよりとその素晴らしさが伝わります。
シルバーのアフタヌーンティーセットはヴィクトリア時代中期のもので、ティーカップも同じ時代の英国リッジウェイ製です。
お食事は、フィンガーフードをプレートに並べた当時のスタイルを再現し、シルバーのぶどうの枝切り・くるみ割りきなどを使用していただきながら、贅沢なひとときをお過ごしください。


>>公式サイトへ
>>インペリアルラウンジアクアをOzmallで予約

 

コメント

  1. より:

    細かいレポで実際に行った気分になれましたが、
    自分ツッコミが多くて少し読みにくかったです。

    • あき* より:

      読んで頂きありがとうございます!✨
      ついついはしゃいでしまって、読みづらい部分が多くすみません💦

タイトルとURLをコピーしました