SALON DE THÉ LÚVONDで選ばれ抜かれたルフナ*2020年3月

こんにちわ、あき*です。相変わらず過去の思い出にしがみついてます。

今日は、表参道のQ-pot.Cafeに行ったとき帰りに寄り道したお店をご紹介。看板を見てすごく惹かれたのでお邪魔したんですけど、想像以上のお店でした・・!お茶好きな方は必見です。

読み方は、「サロン・ド・テ・ラヴォンド」。

まるで隠れ家?お店への行き方

場所は表参道です。表参道駅から小路をちょこちょこっと入り(すみません詳しい道順は公式サイトのMapをご覧ください)しばらく進んで振り返るとこんな看板があります。

看板だけだとなんのお店かわからなかったのですが、隣にメニューも出てました!こちらはすごくわかりやすい。紅茶専門店ですね!!しかもすごくこだわってる雰囲気が漂ってくる。

おいしい紅茶が飲みたーい!!な時期だったので、早速訪問することに。看板横の階段を登ります。

・・え?入り口どこ??ってなりました。名前的にはここ。閉ざされたおしゃれすぎる扉。え、開けていいんですかここ?え??

どぎまぎしながらも開けてみました。お店でした。よかった。

落ち着いた店内でしっとり大人時間

ドアを開けたらまず目に飛び込んでくるのは、マスターが美しい手さばきでお茶を淹れるカウンター。もう、神聖な空間すぎて写真撮る勇気がありませんでした。無念。

奥はちょっと開けた空間。まるでモデルハウスのリビングみたいな。(私の引き出しからの比喩ですみません)写真では明るく見えますが、実際はもうちょっと照明を落とした落ち着いた空間です。

通されたのはこちらのテーブル席。店長は男性なのですが、こだわりの空間って感じがすごく伝わってきます・・!

こだわりのおもてなし

席についてまず出されたお冷。

あ、ありがとうございまーす!・・って、え?もう、なんかなんというか。感じるんですよ、こだわりを。おいしかった。このお水。

テーブルの隅には素敵なカップ。もうなめ回すように見つめちゃいました。ごちそうさまです。

中はお砂糖です。てんさい糖・・かな?ほらここにもこだわりが光る・・。

オーダーをして、どきどきそわそわ。

お茶もティーセットも逸品

先ほどマスターと表現しましたが、そうなんです。ただ店長と呼ぶのは恐れ多いくらい隅から隅までこだわり抜かれていて、その雰囲気はまるでBARのよう。カウンターの向こうでお茶を淹れる所作はまさにマスターという感じでした。

今回注文したのはルフナ。当時飲み始めたばかりで、自分で淹れたルフナがルフナ本来の味わいを出せているかわからなかったので、プロの味をいただくことにしました。

「ミルク?ストレート?」と聞かれ、えぇと・・おすすめは・・としどろもどろしていたら「好み。」と即答。あぁもうそれが正解なんでしょうね間違いない。じゃ、じゃぁミルク・・・?とそれでも曖昧な答えをしてしまった私に「じゃぁ1杯目はストレート、2杯目はミルクで飲めるように持ってきますね」と第3の選択肢を与えてくださったオーナー。ちょ、ちょっともうすでに心をわしづかみにされてもうどうすれば!!

ストレートの1杯目、ミルクの2杯目、そして最後の3杯目、どれもとってもおいしくいただきました。あとでお茶クラスタの友人に聞いてなるほどーと思ったのですが、茶葉の状態や温度で淹れ方を調整しているんだろうとのことでした。

ティーセットもはじめて拝見するものでした。ハンドルに小人さんが!!

友人は日本茶をチョイス。こちらもとっても素敵な茶器で提供されました。茶托のかわいらしいこと!

あとがき

もう「こだわり」って何回言いましたかね・・。

実際に口にいただくお茶はもちろん、その茶器、空間、全てにこだわりを感じました。私が感じただけでなく、実際にこだわり抜かれているんだと思います。

公式のHPも素晴らしいのでぜひ!特にMENUページに貼られている、茶葉が開いていく瞬間の映像はついぼぅっと眺めてしまいます。

カウンター席では常連さんがオーナーさんと談笑していました。まさにこういうお店こそ常連として通いたくなるんだろうなぁ!!私たちはTHE一見さんでしたが、ちょっと緊張しつつも居心地よかったですよ!お茶を愛している方なら、立ち寄って後悔はないと思います。

このときはあまり時間がなかったので堪能できなかったのですが、お食事や飲み比べセットもあるみたいなのでぜひまた伺いたいお店です!今度はお茶クラスタの友人と訪れたいなぁ。

店舗情報

SALON DE THÉ LÚVOND

150-0001
東京都渋谷区神宮前4-4-11 根津プレイス表参道 2F
03-6876-1784

「表参道」駅 A2出口 徒歩3分

11:00~19:00
※不定休/19時以降の営業についてはご確認ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました